HOME > 4軸2NC旋盤とは

Four spindle 2NC

2011年に㈱北川鉄工所殿(KITAKOコーポレーション株式会社 殿)から引継ぎ、これまでに北川殿で横型・立型を合わせてシリーズ累計で1200台以上が生産された超生産型の4主軸2NC旋盤

4主軸2NC旋盤とは

アイドルタイムを極小化することを目的に開発されたワーク着脱のロスタイム「ゼロ」マシン。
4本の主軸は、加工軸2スピンドル + ローディング軸2スピンドル にて構成されています。つまり、2本の主軸(スピンドル)で加工中に、別の2本でローディング&アンローディングやワーク反転を同時に行ないますので、ロスタイムはゼロ! 両作業が完了すれば主軸ドラムはマシニングセンターのパレットチェンジャーのように180°旋回します。
※実質アイドルタイム(機械停止時間)は、キャリアユニットの旋回時間のみとなります
HS4200 で 約1.5秒、 VT4-350 で 約5.0秒 になります)

4スピンドル旋盤の特徴は?

A1:最短のアイドルタイム(ワーク着脱 ・ チャックへのエアーブロー・寸法測定等を丁寧にゆっくりと行なっても、加工時間内ならばサイクルタイムは延びません)

A2:1台で同時4役もこなします。
表面加工/裏面加工/着脱/反転 = 小さなスペースで高い生産性

4スピンドル旋盤が強みを発揮するワークは?

A1:加工時間に対して着脱時間が長いワーク。究極の理想は、例えば
加工=40秒、 着脱40秒 
加工=10秒、 着脱10秒 のように加工/着脱が同タイム

A2:OP1(表側) と OP2(裏側)の加工時間差が長いワーク。例えば
OP1=25秒、 OP2=10秒 【下図の2.表裏反転加工(AA/BB方式)を参照下さい】

A3:高精度で、かつ大量生産のワーク

A4:ローディング時間の長い異形で重量物には → VT4-350 は最高の解決策です。

フレキシビリティのある加工システム(多様な加工システム)

1.表裏反転加工(AB/AB方式)

OP1 と OP2 の加工時間がほぼ同じの場合
OP1 と OP2 の加工時間がほぼ同じの場合 サンプルムービー

2.表裏反転加工(AA/BB方式) ドラム180° INDEX×2回

OP1 と P2の加工時間に差がある場合
OP1 と P2の加工時間に差がある場合  サンプルムービー

例: OP1 が25秒、OP2 が10秒のような場合、サイクルタイムは35秒/2個=17.5秒

3.2個同時加工(AA/AA方式)

片側(OP1)加工のみの場合
1サイクルあたり2個の完成品ができます
片側(OP1)加工のみの場合 サンプルムービー
例: ワーク1個 が25秒の場合、サイクルタイムは25秒/2個=12.5秒

4スピンドル旋盤の構造

当社の2スピンドル旋盤「2SIシリーズ」と同じく主軸ドラム(キャリアユニット)に大口径カービックカップリングを採用し、摺動面は全箇所キサゲ仕上げです。
(詳細は、2SIシリーズの構造 参照)

このページのトップへ